完全非塩素系によるパルプ漂白技術 Technology for Total Chlorine-free Bleaching of Kraft Pulp

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大井 洋 OHI Hiroshi
    • 筑波大学 生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, University of Tsukuba

抄録

広葉樹酸素漂白クラフトパルプ(LOKP)の完全非塩素系(TCF)漂白のための酸処理技術について概説する。パルプ中のヘキセンウロン酸(HexA)の約70%を除去するためには,pH3,105℃で1時間の処理が必要である。このような酸(A)処理の後に,オゾン(Z)漂白,アルカリ抽出(E)処理,過酸化水素漂白(P)を組み合わせると。最終白色度が85%ISOのパルプ(パルプ粘度15cP程度)が得られる。このA―Z―E―P漂白シーケンスで得られた最終パルプにはHexAはごくわずかしか含まれない。白色度安定性は,塩素系漂白パルプのものよりもすぐれている。<BR>また,北欧で実施されている針葉樹OKPのTCF漂白の調査結果について概説する。さらに,比較としてECF漂白を取り上げ,ダイオキシン類が生成しないことを証明した報告例を紹介するとともに,TCF漂白との環境インパクト要因を比較する。

Acid treatment was developed for non-chlorine bleaching of an oxygen-delignified hardwood kraft pulp. About 70% hexenuronic acid in the kraft pulp was removed after the acid treatment at pH 3 for 1 hour at 105°C. After full bleaching with the acid treatment (A) followed by the ozone (Z) and the hydrogen peroxide (P) , the final brightness of the pulp reached approximately 85% ISO, keeping the viscosity over 15. 0cP. Little hexenuronic acid existed in the kraft pulp after this bleaching (A-Z-E-P) . Furthermore, the brightness stability of this pulp was much better than that of chlorine dioxide bleached pulps.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(11), 1659-1663, 2006-11-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018356199
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8565320
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ