最新工場排水監視計器と大気環境監視用分析計について The Latest Environment Monitoring Technology for Drainage Water and Emission Gas Utilized in Industrial Plant Factory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在クローズアップされてきている環境問題は地球規模に発展してきている。1960年代に社会問題化した公害問題は局所的な性格が強く,直接被害が及ぶ比較的限られた人々が中心だった。しかしながらいま直面している地球環境問題の対象は,地球に生息する生命体全体であり,国を問わず全世界がこの問題に直面しなければならない局面を迎えている。オゾン層破壊,地球温暖化,酸性雨,土壌汚染,海洋汚染,廃棄物処理など,グローバルベースの取組が必要であり,当時とは質的にも異なる問題となっている。<BR>環境優先時代における企業活動においては,環境問題を考慮することが課題となっている。産業を成立させるために切り離せないエネルギーや排水処理問題,そして廃棄物問題に対し,バイオマス技術やリサイクル技術が具体的に活用され,紙パルプ産業は積極的に導入を行っている。<BR>日本の環境規制のスタートである公害基本法の制定から,来年で40年を迎える。この間,様々な対策法が制定されてきた。弊社は,高精度,安定計測を環境分析技術の最優先課題とし,最近では環境負荷軽減化思想を設計段階で折り込みかつ,環境保全に貢献できる環境用計測機器を提供してきた。<BR>環境モニタリング技術は,その都度高いレベルの要求がなされ,環境対策の歴史はすなわち,環境技術の歴史といっても過言ではないといわれる根拠の証左者でありたいと願って,計測技術の基本に立ち返って従来技術であってもシンプルさであるが故に計測精度も大切すべきであることを追求してきた。ここでは,日進月歩で発展し続ける科学技術の発展と分析技術の融合,そして当社が分析技術と併せて取り組んできた環境負荷軽減技術(例えば省エネルギー化,少資源化,有害元素排除など)を反映した環境計測機器製品について概説する。

The environmental pollution issue being recognized as social problem in 1960 s was local social issue, and the casualty was relatively limited extent. However, the global environmental issue is currently going through ecological crisis, and we have to consider how to reduce the effects on the environment the world over. The challenges accompanying in a business activity in environmental priority days is to consider environmental issue.<BR>Next year is the 40th anniversary of the enactment for fundamental low of pollution in Japan. We outline in terms of steps in the progress of monitoring technology related to environmental problem and the latest environmental monitoring technology.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(11), 1664-1671, 2006-11-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018356212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8565327
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ