当社の煙道排ガスと水質の最新測定機器について Analyzers for Effluent Gas and Waste Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

環境大気,環境水質の汚染が問題視され始めてから久しい。確かに,これらの環境汚染は最悪の状態からは脱したといえようが,まだまだ,完全ではない。環境浄化の動きは,今後も継続されていかなければならない。環境を論じるとき,第一になされなければならないことは,その状況の把握であろう。より的確に,より広範に環境の状況を把握することが今後ますます必要となってこよう。以下,環境計測にかかわる動向とそれに沿った分析計の考え方を紹介する。

Environmental pollution surely escaped from the worst state. But, is not complete. Movement of environmental purification must be continued. What primarily you must do will be grasp of the situation. It will be necessary more and more in future to grasp the environmental situation broadly more precisely. I introduce a trend about environmental measurement and a way of thinking of an analyzer along it as follows.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(11), 1672-1675, 2006-11-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018356222
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8565334
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ