環境機器について : におい識別装置"FF-2A"を中心に Introductions of the Environmental Measurement Devices of Shimadzu with a Focus on Electronic Nose "FF-2A"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 喜多 純一 KITA Junichi
    • 株式会社島津製作所 分析計測事業部 Shimadzu Corporation, Analytical & Measuring Instruments Division

抄録

におい測定の現状を紹介後,におい識別装置の原理を示し,においセンサが従来問題であった湿度影響の問題と,におい質に違いによって,センサ感度と嗅覚感度が異なる問題に対して工夫を行った内容について解説した。その工夫とは,GCMSで良く利用される捕集管を用いての湿度干渉の低減と,におい質を装置自身が判定し,その感度を自動的に補正する解析方法の開発である。また,その応用例として,黒液燃焼炉の煙道臭連続モニターについて紹介した。

The present situations of the odor measurements are explained. The principle of the electronic nose is presented. Some improvements of the electronic nose toward the practical applications are shown. One of the improvements is using the trap tube in order to avoid humidity interferences and another is to use new analytical method of sensor signals. Using new signal processing drives the absolute values of odor intensity and odor characters. The odor continuous monitoring of the black liquor's combustion furnace is explained by using improved electronic nose.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(11), 1682-1688, 2006-11-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018356227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8565351
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ