成長ホルモン分泌過剰症を合併した McCune-Albright 症候群に対する酢酸オクトレオチド徐放製剤(Oct-LAR)の治療効果 Effect of long acting somatostatin analogue octreotide (Oct-LAR) treatment for growth hormone (GH) excess in a girl with McCune-Albright syndrome (MAS)

この論文をさがす

著者

    • 小谷 裕美子 KOTANI Yumiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部小児医学分野 Department of Pediatrics, School of Medicine, University of Tokushima
    • 品原 久美
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部小児医学分野 Department of Pediatrics, School of Medicine, University of Tokushima
    • 香美 祥二
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部小児医学分野 Department of Pediatrics, School of Medicine, University of Tokushima
    • 横田 一郎
    • 独立行政法人国立病院機構香川小児病院臨床研究部

収録刊行物

  • ホルモンと臨牀  

    ホルモンと臨牀 54(11), 983-988, 2006-11-01 

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018360519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231838
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00457167
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ