MRI invisible stalk syndrome 8 例の検討 : 身長と下垂体機能の推移 8 cases of MRI invisible stalk syndrome

この論文をさがす

著者

    • 間部 裕代 MABE Hiroyo
    • 熊本大学附属病院発達小児科 Department of Child Development, Kumamoto University Medical School
    • 山田 英二
    • 熊本大学附属病院発達小児科 Department of Child Development, Kumamoto University Medical School
    • 三池 輝久
    • 熊本大学附属病院発達小児科 Department of Child Development, Kumamoto University Medical School

収録刊行物

  • ホルモンと臨牀

    ホルモンと臨牀 54(11), 1043-1053, 2006-11-01

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    KIKUCHI K.

    JCEM 67, 817, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    長谷川行洋

    小児内分泌疾患を楽しく学ぶ, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    MIYAMOTO J.

    Endocr. J. 48(3), 355, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    MAKINO S.

    Endocr. J. 49(2), 231, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本小児科学会雑誌 109(3), 431, 2005

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018360613
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231838
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00457167
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ