経口タクロリムスが著効した1型糖尿病合併重症潰瘍性大腸炎の1例 Successful treatment with oral tacrolimus in a case of severe ulcerative colitis complicated with primary diabetes mellitus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は36歳,男性.全結腸型潰瘍性大腸炎(UC)初発例で重症度は急性劇症型であった.1型糖尿病を合併し,HbA1c 7.9%であった.そのため治療は,ステロイドの投与を行わずタクロリムス6mg/dayとアザチオプリン50mg/dayを併用開始した.入院15日目には緩解状態となり,糖尿病が悪化することもなかった.以上,ステロイドを使用せずタクロリムス経口投与のみで糖尿病合併重症UCを治療し得た.<br>

We report a case of severe ulcerative colitis complicated with primary diabetes mellitus that was effectively treated with oral tacrolimus. A 36-year-old man suffered his first attack of ulcerative colitis. Because it was difficult to control the patient's diabetes, we instituted tacrolimus and azathioprine without a corticosteroid regimen as the initial treatment. Within two weeks, the ulcerative colitis activity went into remission and the patient's diabetes did not worsen.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(8), 943-947, 2006-08-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018364368
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ