単純性肝嚢胞の1例 : Em18-WBによる鑑別診断の有用性 A case of liver cystis wlud Em18-WB was useful for differential diagnosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

多房性胞性病変を有し,肝多包虫症が疑われた72歳の女性に対し,多包虫粗抗原を認識するウエスタンブロットと,精製抗原であるEm18を認識するウエスタンブロットを行ったところ,前者は陽性,後者は陰性の結果であった.約1年半経過観察後,手術を施行した.病理は単純性肝胞で,多房性胞病変で肝多包虫症を疑う場合の鑑別診断には,Em18を認識するウエスタンブロットが有用であった.<br>

A 72-year-old woman with multilocular liver cysts was admitted. This lesions seemed to be an alveolar hydatid disease. Two methods of Western blotting were used for serologic diagnosis. One method recognizes antigens of crude extracts of Echinococcus multilocularis (EM). The other method recognizes a purified antigen (Em18) of EM. Her serum only reacted with the former method and never reacted with Em18 antigen. Eighteen months after first admissionC she had an operation. The resected specimen was diagnosed with simple cysts. Western blotting using Em18 antigen could greatly facilitate the differential diagnosis of simple liver cyst and alveolar hydatid disease.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(8), 955-960, 2006-08-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018364393
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ