Hepatic peribi1iary cysts 4 例の臨床経過 : 本邦臨床報告例38例の集計 Clinical course of 4 cases of hepatic peribiliary cysts and a summary of the 38 clinical cases reported in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Hepatic peribiliary cysts(以下HPBC)自験4例を呈示した.無症状で経過したものが2例,総胆管結石を合併したものが1例,胆管炎·敗血症を合併したものが1例であった.本邦で臨床的に診断されたHPBC 38例を検討すると,本疾患の最大の問題点は胆管腫瘍と誤診され肝切除を行われる症例があること,胆管炎を合併する症例があることと思われた.特に胆管炎は再発を繰り返すことがあり,胆管ドレナージを含めた積極的な治療が必要であると思われた<br>

We encountered 4 cases of hepatic peribiliary cysts (HPBC) in our hospital. Two were asymptomatic, one was complicated by a choledocholithiasis, and one by cholangitis and sepsis. Based on a review of the 38 cases of HPBC clinically diagnosed in Japan, the main problem associated with this disease seemed incorrect preoperative diagnosis leading to an unnecessary hepatectomy. Another problem was concomitant cholangitis, which tended to recur and in some cases needed aggressive treatment using drainage.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(8), 961-968, 2006-08-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018364417
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ