Crohn 病と腸癌 Crohn's disease and intestinal cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

潰瘍性大腸炎(UC)と同様にCrohn病(CD)患者にも大腸あるいは小腸癌が生じる.癌発生の相対危険率は,罹患期間が長くなれば高まる.最近の多数例の検討では,大腸直腸癌の相対危険率は正常人の2∼3倍,小腸癌の相対危険率は約30倍と見積もられた.UCに併発する大腸癌とCDに併発する腸癌は幾つかの点で異なる.第一は,小腸,大腸,肛門管,瘻孔部とCDでは癌発生部位が多彩な点である.第二は,腫瘤を形成しないため発見が極めて困難な形態例が多く,さらに観察が困難な小腸や肛門管に癌が発生しやすい.しかも,CD病変により高度な腸管変形部位に癌は発生するからである.以上から,長期経過したCD患者に対し癌サーベイランスを要するが,適切な方法により早期診断の方法を探索すべき時が近づいている.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(7), 797-804, 2006-07-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018364480
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ