ラジオ波焼灼術と Rituximab 投与を行った肝原発MALTリンパ腫の1例 A case of MALT lymphoma of the liver treated by RFA and Rituximab

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は69歳男性.平成15年10月肝腫瘍を指摘され,精査加療目的にて当科入院となった.肝障害は認められず,腫瘍は腹部超音波検査,MRIにていずれも径2cm大のものを2個認めた.生検にてCD20陽性の小型リンパ球を認め,また,免疫グロブリン重鎖JH遺伝子の再構成バンドが検出されたためにMALTリンパ腫と診断し,治療としてはラジオ焼灼術を施行後Rituximabを投与した.以後2年間無再発生存中である.肝に原発する悪性リンパ腫はまれであり,特にMALTリンパ腫の報告は非常に少ないため報告する.<br>

A 69 years old man was admitted to our hospital for further examinations of the liver tumor October, 2003. No underlying liver disease was found. Two tumors in the liver, 2cm in diameter respectively, were detected by abdominal ultrasonography and MRI scan. Ultrasonogram-guided needle biopsy from the liver tumor showed diffuse infiltration of CD20 positive, small lymphocytes. A distinct single band demonstrating clonal JH gene rearrangement was detected by southern blot analysis using tissues by needle biopsy. Thus, the patient was diagnosed with primary hepatic MALT lymphoma in the normal liver. These tumors were treated with percutaneus radiofrequency ablation (RFA), followed by Rituximab administration. No relapse has been noted until September, 2005.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(6), 655-660, 2006-06-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018364867
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ