歯科治療と身体症状について 第4報 : 咬合挙上により耳に訴えた症状が改善した1例 Dental Treatment and Systemic Syndrome 4th Report : A Case Improved Ear Disoder on Bite Raising Treatment

この論文をさがす

著者

    • 名波 智章 NANAMI Tomoaki
    • 慶應義塾大学医学部歯科口腔外科学教室 Dept. of Dentistry and Oral Surgery, School of Medicine, Keio University
    • 佐藤 雅志 SATOH Masashi
    • 東京都多摩老人医療センター歯科口腔外科 Clinic of Gerostomatology, Tokyo Metropolitan Tama Geriatric Hospital

収録刊行物

  • 日本全身咬合学会雑誌 = The J[ou]rnal of the Japanese Academy of Occlusion and Health  

    日本全身咬合学会雑誌 = The J[ou]rnal of the Japanese Academy of Occlusion and Health 4(1), 68-73, 1998-10-05 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018369660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10521379
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13442007
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ