咬合刺激が成長期歯槽骨および顎骨の骨形成能に及ぼす影響について Occlusal stimuli affects alveolar and jaw bone formation during the growth period

この論文をさがす

著者

    • 下元 康英 SHIMOMOTO Yasuhide
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 Orthodontic Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
    • 岩崎 祐子 IWASAKI Yuko
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 Orthodontic Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
    • 鄭 朱玲 CHUNG Choo-Ryung
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 Orthodontic Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
    • 村本 健 MURAMOTO Takeshi
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 Orthodontic Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
    • 相馬 邦道 SOMA Kunimichi
    • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 Orthodontic Science, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University

収録刊行物

  • 日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry  

    日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry 15(1), 29-34, 2005-04-30 

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018374769
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10402460
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09174648
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ