アグーチの消化管 The Digestive System of the Agouti(Dasyprocta leporina) : Gross Anatomy and Histology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • ガルシア G.W. GARCIA Gary Wayne
    • ウエストインディーズ大学農業自然科学部食糧生産学科野外熱帯飼料-動物生産研究所(OTFAPL) The Open Tropical Forage-Animal Production Laboratory(OTFAPL), Department of Food Production;Faculty of Agriculture and Natural Sciences, The University of the West Indies
    • バプチステ Q.S. BAPTISTE Quinn Stephan
    • ウエストインディーズ大学農業自然科学部食糧生産学科野外熱帯飼料-動物生産研究所(OTFAPL) The Open Tropical Forage-Animal Production Laboratory(OTFAPL), Department of Food Production;Faculty of Agriculture and Natural Sciences, The University of the West Indies
    • 牧田 登之 MAKITA Takashi
    • 山口大学獣医学部家畜解剖学(連合大学院):麻布大学獣医学部解剖学第2教室 Faculty of Agriculture Yamaguchi University:Department of Veterinary Anatomy, Faculty of Veterinary Medicine, Azabu University

抄録

ヨーロッパ人が入る前には南米, 中米およびカリブ海諸国の一部ではアグーチが重要な蛋白資源であった。最近トリニダード・トバゴではアグーチを飼育繁殖して食肉その他として利用するようになっている。飼育に重要な餌付けのために, 消化器官の解剖学的知見が必要であるが, これまでの文献は, 数少なくまた, 胃, 腸など個々の部分について述べているので, 本報では全体を概観して口腔, 食道, 胃, 小腸, 大腸, 各部分の構造と長さおよび相対的重量を記載した。材料はトリニダード島南部のハンターから入手した10頭のアグーチを用いた。現場で採材後凍結し, 解剖はそれを解凍して行った。歯式は1013/(1013)=20で, 犬歯と前臼歯の間隙が広い。食道は長さ15.4cm, 直径0.5cm位で, 胃の長さは平均13.8cmであった。小腸の長さは全体で700±124cmであった。十二指腸と空腸の直径は1.4cmで回腸の直径は0.4cmであった。大腸のなかで特徴的なのは盲腸でその頭部の直径は4.2±0.8cm, 尾部の直径は2.4±0.4cmと太く, 胃よりやや小さい程度で, 盲腸の長さは平均22.5cmであった。結腸の直径は近位部は2.4±0.9cmとやや太いが遠位部は1.3±0.4cmと細くなっており, これは直腸とほぼ同じ太さである。結腸と直腸の長さは117±2.5cm。肛門腺が一対みられ, 長さ1.8〜3.0cm, 幅1.3〜1.8cm, 重さ1.3〜3.5gであった。左側の腺の方が右側よりも重い。アグーチは小腸が長いのが特徴で, 絨毛の密度の比較解剖学の材料に好適である。今後の盲腸, 肛門腺の比較解剖学的研究にも役立つであろう。

Gross and morphometric studies were undertaken on 10 digestive tracts of the agouti(Dasyprocta leporina). The most prominent features included a long small intestine which had a mean length of 700.16±124 cm and formed 49.1±3.9 % of the total weight of the entire digestive tract. The large intestine had a large sacculated caecum which formed 16.8±4.11% of the total weight of the digestive tract. The colon and rectum had a mean length of 117.0±2.5 cm and formed 18.788±2.11 % of the total weight of the digestive tract. Large anal sac glands had openings into the anus. The histology of the different components of the digestive tract was done on a male agouti and the results suggested that the small intestine has a remarkable proliferation of villi;the epithelium is simple columnar. Numerous intestinal glands were located towards the base of the epithelium, and the glands had numerous globlet cells.

収録刊行物

  • Japanese journal of zoo and wildlife medicine   [巻号一覧]

    Japanese journal of zoo and wildlife medicine 5(1), 55-66, 2000-03  [この号の目次]

    日本野生動物医学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018375970
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11366156
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13426133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ