審美的無歯顎補綴の垂直的顎間関係決定時における顔面計測法について : 第6報 Willis 法に性差と顔形差が及ぼす影響について The Study for Measuring Face Method at the Decision of Vertical Jaw Relation in Esthetic Prosthodontic Treatment for Edentulous : Part 6. The Influence of Sex and Face Form on the Method of Willis

この論文をさがす

著者

    • 山本 克之 YAMAMOTO Katsuyuki
    • 日本大学歯学部歯科補綴学教室総義歯補綴学講座 Department of Complete Denture Prosthodontics, Nihon University School of Dentistry at Tokyo
    • 萩原 正明 HAGIWARA Masaaki
    • 日本大学歯学部歯科補綴学教室総義歯補綴学講座 Department of Complete Denture Prosthodontics, Nihon University School of Dentistry at Tokyo
    • 森谷 良彦 MORIYA Yoshihiko
    • 日本大学歯学部歯科補綴学教室総義歯補綴学講座 Department of Complete Denture Prosthodontics, Nihon University School of Dentistry at Tokyo

収録刊行物

  • 歯科審美 = Journal of esthetic dentistry  

    歯科審美 = Journal of esthetic dentistry 11(2), 459-461, 1999-03-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018377820
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1016700X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09161945
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ