Poland 症候群における小児期の呼吸障害 Respiratory disorders in children with Poland's syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 遠藤 美紀 ENDO Miki
    • 国立成育医療センター呼吸器科 Division of Respiratory Medicine, National Center for Child Health and Development
    • 肥沼 悟郎 KOINUMA Goro
    • 国立成育医療センター呼吸器科 Division of Respiratory Medicine, National Center for Child Health and Development

抄録

Poland症候群4例の小児期における呼吸障害について検討した0全例で胸壁の低形成部位に 奇異呼吸が認められた02例では病変部に隣接した肺に一時的に無気肺が認められ, 1例では気管支喘息を併発した。しかし, 3例とも成長に伴い軽快した。残りの1例は無症状であった。Poland症候群では年少時に呼吸器疾患を生じやすいが, 保存的治療で対応できるものと考えられた。

Respiratory disorders of four children with Poland's syndrome are discussed in this article. Paradoxical respiration was recognized at the hypoplastic region of the chest wall in all patients. Transient atelectasis of the lung adjacent to the lesion was observed in two patients and bronchial asthma developed in one patient. All three patients recovered as they grew up. One patient remained to be asymptomatic. Although respiratory disorders in Poland's syndrome tend to develo in childhood, they are managed well with conservative therapy.

収録刊行物

  • 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology  

    日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology 16(2), 115-118, 2005-12-01 

    Japanese Society of Pediatric Pulmonology

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018377831
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10297832
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09183876
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ