小児のX線不透過性異物の治療経験 : 特に, 診断時と治療開始時に位置が変化していたX線不透過性異物症例について Experience of Radiopaque Foreign Bodies in Childhood : Movement of Radiopaque Foreign Body at the Time of Diagnosis and Its Treatment

この論文をさがす

著者

    • 大塩 猛人 OSHIO Takehito
    • 独立行政法人国立病院機構 香川小児病院 小児外科 Department of Pediatric Surgery, National Kagawa Children's Hospital
    • 日野 昌雄 HINO Masao
    • 独立行政法人国立病院機構 香川小児病院 小児外科 Department of Pediatric Surgery, National Kagawa Children's Hospital
    • 朝川 貴博 ASAKAWA Takahiro
    • 独立行政法人国立病院機構 香川小児病院 小児外科 Department of Pediatric Surgery, National Kagawa Children's Hospital

収録刊行物

  • 日本小児放射線学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Pediatric Radiology  

    日本小児放射線学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Pediatric Radiology 20(2), 111-116, 2004-06-20 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018378683
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398046
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09188487
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ