鍼の実用的臨床試験についてのレビュー Review of Pragmatic Clinical Trials on Acupuncture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 李 相勳 LEE Sang-hoon
    • 慶煕大学校、韓医科大学、鍼灸学教室 Department of Acupuncture & Moxibustion, College of Korean Medicine, Kyung Hee University
    • 徐 炳寛 SEO Byung-kwan
    • 慶煕大学校、韓医科大学、鍼灸学教室 Department of Acupuncture & Moxibustion, College of Korean Medicine, Kyung Hee University
    • 徐 廷徹 [他] SEO Jung-chul
    • 大邱韓医大学校、韓医科大学、鍼灸経穴学教室 Department of Acupuncture & Moxibustion, College of Korean Medicine, Daegu Haany University
    • 李 昇徳 LEE Seung-deok
    • 東国大学校、韓医科大学、鍼灸学教室 Department of Acupuncture & Moxibustion, College of Korean Medicine, Dongguk University
    • 金 容〓 KIM Yong-suk
    • 慶煕大学校、韓医科大学、鍼灸学教室 Department of Acupuncture & Moxibustion, College of Korean Medicine, Kyung Hee University

抄録

【背景】鍼の臨床効果に関して、今日まで30年以上にわたって行われてきた研究の多くは説明的 (explanatory) 、または実験的 (experimental) ランダム化比較試験であった。しかし、その臨床試験においてみられる鍼の効果 (benefit) については、いまだに議論のあるところであり、ほとんどの研究はさらなる対照比較試験が必要であるとの結論に終わっている。また、過去のさまざまな研究が、標準化された配穴 (standard combinations of acupuncture points) をすべての被験者に対して用いていることに対して、現に日常行われている臨床治療を反映していないと批判されている。<BR>【目的】本論文の目的は、鍼治療の効果に関する実用的 (pragmatic) 臨床試験をレビューすることによって、鍼に関する理想的な臨床研究の方法論を開発することにある。<BR>【方法】鍼の臨床研究の中から、実用的あるいは個別化された (individualized) 臨床試験に関連する論文を、主にPubmedおよびScience Direct databaseから検索した。研究者はすべての論文を十分に精査し、標準化された書式にしたがってデータを評価した。<BR>【結果および提言】実用的な鍼の研究はさまざまな症状に対して試みられている (例えば、腰痛、高血圧、妊娠期間中の抑うつ、HIV病における睡眠の質、脳卒中慢性期の下肢痙縮、頭痛など) 。東洋医学の疾病パターン診断 (Oriental disease pattern diagnosis) に基づいて個別化された鍼治療は、実際に日常行われている治療を反映したものであり、まったく東洋医学哲学の理論に基づくことなく、均一かつ固定化された治療法よりも効果がある。<BR>【結論】これまで行われてきた説明的鍼臨床試験に関する論争や限界を克服するためには、東洋医学の診断理論に基づいて、より個別に、患者の病態に合わせた鍼の試験を行うことが強く求められる。同時に、鍼の臨床研究やその応用をさらに進めるには、パターンの同定法 (identification) について明確な定義と類別法 (categorization) が必要である。

[Background] Over the last thirty years, majority of researches on clinical effectiveness of acupuncture have been explanatory (or experimental) randomized controlled trial. The benefits of acupuncture in clinical trials are stillcontroversial and most studies concluded that further control studies were required. Standardized combinations of acupuncture points for all the experimental subjects in various past studies have been criticized because such treatments do not reflect current routine clinical treatment.<BR>[Objective] This paper aims to review pragmatic clinical trials on the effect of acupuncture treatment and to develop the ideal clinical research methodology of acupuncture study.<BR>[Method] Clinical studies of acupuncture relevant with pragmatic or individualized trials were searched mainly in Pubmed and Science direct databases. All articles were fully reviewed by researchers, and data were evaluated by usage of a standardized form.<BR>[Results & Suggestion] Pragmatic acupuncture researches were tried for various symptoms (eg. low back pain, hypertension, depression during pregnancy, sleep quality in HIV disease, chronic poststroke leg spasticity, headache, etc). Individualized acupuncture treatments based on oriental disease pattern diagnosis reflexes practical treatments which is more effective than unified and fixed acupuncture treatments without any theoretical basis of oriental medical philosophy.<BR>[Conclusion] To overcome the controversies and limitations of past explanatory acupuncture trials, more individualized and tailored acupuncture trials with the theoretical basis of oriental medical diagnosis is highly recommended. Also clear definition and categorization of pattern identification should be established for further active clinical researches and applications of acupuncture.

収録刊行物

  • 全日本鍼灸学会雑誌  

    全日本鍼灸学会雑誌 55(5), 716-722, 2005-11-01 

    The Japan Society of Acupuncture and Moxibustion

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018378761
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00315097
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859955
  • NDL 記事登録ID
    7756899
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-240
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ