過活動膀胱発症機序における上皮型ナトリウムチャネル(ENaC)の役割 The role of epithelial sodium channel (ENaC) in the pathogenesis of overactive bladder

この論文をさがす

著者

    • 武田 正之 TAKEDA Masayuki
    • 山梨大学大学院医学工学総合研究部泌尿器科学 Department of Urology, Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi
    • 荒木 勇雄 ARAKI Isao
    • 山梨大学大学院医学工学総合研究部泌尿器科学 Department of Urology, Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi
    • 三神 裕紀 MIKAMI Yuki
    • 山梨大学大学院医学工学総合研究部泌尿器科学 Department of Urology, Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi
    • 都 書〓 DU Shugi
    • 山梨大学大学院医学工学総合研究部泌尿器科学 Department of Urology, Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, University of Yamanashi

収録刊行物

  • 自律神経 = The Autonomic nervous system  

    自律神経 = The Autonomic nervous system 43(4), 309-314, 2006-08-15 

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018387629
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00118948
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02889250
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ