経鼻持続陽圧気道圧法を併用し胸膜癒着術が奏効した難治性肝性胸水の2例 Two cases of intractable hepatic hydrothorax successfully treated with nasal CPAP

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 斉藤 理恵 SAITO Rie
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 雷 毅 RAI Tsuyoshi
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 斎藤 広信 SAITO Hironobu
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 阿部 和道 ABE Kazumichi
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 高橋 敦史 TAKAHASHI Atsushi
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 滝口 純子 TAKIGUCHI Junko
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 大平 弘正 OHIRA Hiromasa
    • 福島県立医科大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Fukushima Medical University School of Medicine

抄録

難治性の肝性胸水に対して,従来から行われてきたOK-432胸腔内注入による胸膜癒着術に経鼻持続陽圧気道圧法(nasal CPAP)を併用することにより,胸水貯留が改善し得た2症例を経験した.肝性胸水は,治療に難渋し,治療効果が十分でない場合には予後も厳しいとされる.Nasal CPAP併用胸膜癒着術は,難治性の肝性胸水に対して,低侵襲でかつ効果的な治療法である可能性が示唆された.<br>

Hepatic hydrothorax is often resistant to various treatments. A failure in the treatment for hepatic hydrothorax may be associated with poor prognosis. We report two cases of intractable hepatic hydrothorax successfully treated by combining chemical pleurodesis using OK-432 with nasal continuous positive airway pressure. Combination therapy may provide a minimally invasive and effective treatment for intractable hepatic hydrothorax.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(10), 1146-1151, 2006-10-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018389515
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ