機能性胃腸症の病態 Pathophysiology of functional dyspepsia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金子 宏 KANEKO Hiroshi
    • 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院神経内科(心療内科) Department of Neurology (Psychosomatic Medicine), Banbuntane-Hotokukai Hospital, Fujita Health University
    • 小長谷 敏浩 KONAGAYA Toshihiro
    • 愛知医科大学医学部内科学講座(消化器内科) Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Aichi Medical University School of Medicine
    • 飯田 章人 IIDA Akihito
    • 愛知医科大学医学部内科学講座(消化器内科) Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Aichi Medical University School of Medicine
    • 各務 伸一 KAKUMU Shinichi
    • 愛知医科大学医学部内科学講座(消化器内科) Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Aichi Medical University School of Medicine

抄録

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は従来からの症候性胃炎,神経性胃炎などに相応する疾患単位であり,機能性消化管障害の国際的教科書ともいえるRome基準にはその定義,病態が詳しく説明されている.2006年4月に公表されたRome III基準ではディスペプシア症状を4つに限定し,2つの下位カテゴリーが設定されている.病態としては消化管運動異常,消化管知覚過敏,心理社会的因子などがあげられる.病態解明のための検査法の進歩も欠かせない.症状および疾病行動を理解するために,現時点である程度コンセンサスが得られている病態の関与,およびそれらの相互作用について多角的視野(脳腸相関,身体-心理-社会モデル)から解説する.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(9), 1031-1038, 2006-09-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  50件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018389637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ