胃GIST術後13年目に出現した肝転移の1例 Manifestation of liver metastasis 13 years after gastrectomy for gastric GIST

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は58歳男性.1991年,胃壁外へ発育する18×16.5×8.8cmの腫瘍に対し胃部分切除術を施行.免疫組織化学染色にて胃GISTと診断された.核分裂像をほとんど認めなかった.2004年,単発性肝転移を指摘され,肝右葉切除術を施行.術後補助療法は施行せず,1年目の現在無再発生存中である.核分裂像が少ない高リスクGISTでは,術後10年以上経過後に再発が明らかとなる場合があり,長期にわたる厳重な経過観察が必要である.<br>

A 58-year-old Japanese man underwent partial gastrectomy in 1991 for a tumor showing extra-gastric growth measuring 18×16.5×8.8cm in size. An immunohistochemical study yielded a diagnosis of gastric GIST with few mitoses. In 2004, abdominal CT showed a solitary liver metastasis without extrahepatic recurrence and right hepatic lobectomy was performed. No adjuvant treatment has been done and he is alive without recurrence 1 year after the hepatectomy. Long term follow-up of more than 10 years is required after resection of primary tumors if they are diagnosed as high risk GISTs with few mitoses.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(9), 1055-1060, 2006-09-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018389738
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ