核酸誘導体によるB型慢性肝炎治療の現状と課題 Update of treatment for chronic hepatitis B using nucleos (t) ide analogues

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 南 祐仁 MINAMI Masahito
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科消化器病態制御学 Molecular Gastroenterology and Hepatology, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 岡上 武 OKANOUE Takeshi
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科消化器病態制御学 Molecular Gastroenterology and Hepatology, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(11), 499-502, 2006-11-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018389993
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8546785
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ