B型急性肝炎にアメーバ性肝膿瘍を合併した2症例 Two cases of acute hepatitis B complicated with amebic liver abscess

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

B型急性肝炎はかつて輸血後肝炎といわれていたが,現在では性行為によって感染することが多く,sexually-transmitted disease(以下STD)の1つと考えられるようになっている.一方,赤痢アメーバ症は戦後の衛生環境の改善とともに感染者数は激減していたが,近年男性同性愛者の感染が報告されるようになり,性行為の多様化とともにSTDの1つと考えられるようになっている.今回我々はB型急性肝炎にアメーバ性肝膿瘍を合併した2症例を経験したので文献的考察を加えて報告する.<br>

It used to be thought that acute hepatitis B was transmitted through blood transfusion, but acute hepatitis B is recently thought to be one of sexually-transmitted diseases (STDs), because the infection is often passed on through sexual contacts. On the other hand, the number of amebic infections had decreased sharply with the improvement of the hygiene environment in the postwar period. As amebic infections among homosexual men have started to be reported in recent years, amebiasis is thought to be one of STDs owing to the diversification of sexual contacts. Now we would like to report on two cases of acute hepatitis B complicated with amebic liver abscess for purposes of clinical documentation.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(9), 425-432, 2006-09-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018390195
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8063316
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ