限局性結節性過形成との鑑別が必要であった肝細胞癌の1例 A Case Report of Hepatocellular Carcinoma with be needed to Distinguish from Focal nodular hyperplasia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

患者は74歳,女性.近医にて施行された腹部超音波(US)検査および腹部MRI検査で肝腫瘤を指摘され,精査加療目的で入院となった.入院後の画像検査で中心瘢痕および明瞭な車軸状の血管構造を認めたため,肝細胞癌あるいは限局性結節性過形成(focal nodular hyperplasia:FNH)を疑った.確定診断目的で施行した経皮的針生検では,FNHは否定的で肝細胞癌と診断し手術を施行した.病理組織学的診断は中分化型を主体とした肝細胞癌であった.比較的稀ではあるが血行動態がFNHと類似する肝細胞癌も存在しその鑑別に注意が必要と考えられた.<br>

A 74-year-old female visited a nearby clinic and a hepatic mass was detected by abdominal ultrasonography (US) and abdominal MRI. She was referred and admitted to our hospital. Since a series of examinations after admission revealed a central scar and distinct wheel-like vasculature, hepatocellular carcinoma (HCC) or focal nodular hyperplasia (FNH) were suspected. Percutaneous needle biopsy for definite diagnosis showed little likelihood of FNH, and she underwent surgery with the diagnosis of HCC. Pathohistology revealed moderately differentiated HCC. Despite low frequency, HCC with hemodynamics similar to FNH occurs and must be included in a differential diagnosis.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 47(9), 433-440, 2006-09-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018390208
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    8063346
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ