国際基準共有に向けたB型肝炎ウイルス感染防御HBs抗体評価標準化の必要性 : 本邦にて汎用されるHBs抗体測定法の特性乖離 Requirement of Standardizing Anti-HBs Assay Methods in Japan for HBV Infection-Preventing Strategy : Discrepancy of Anti-HBs Measurements among Three Different Kits Widely Used in Japan

この論文をさがす

著者

    • 小方 則夫 OGATA Norio
    • 独立行政法人労働者健康福祉機構燕労災病院 Japan Labour Health and Welfare Organization Tsubame Rosai Hospital

収録刊行物

  • 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE  

    臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 54(9), 960-965, 2006-09-25 

    日本臨床検査医学会事務所

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018390525
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471860
  • NDL 記事登録ID
    8530037
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-284
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ