心筋梗塞後に発症した偽性仮性心室瘤の1手術例 A CASE OF PSEUDO-FALSE ANEURYSM OF THE LEFT VENTRICLE FOLLOWING A MYOCARDIAL INFARCTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は77歳,男性.右冠動脈閉塞による心筋梗塞4カ月後に左室下壁に嚢状瘤を認めた.交通口は瘤径に比べて小さく,左室仮性瘤と診断し,手術となった.心膜と瘤との癒着は軽度であった.瘤を切開し,正常心筋に囲まれた交通口を認め,そこに自己心膜で裏打ちしたフェルトを用いてパッチ閉鎖後,残存した瘤壁で覆うように瘤を閉鎖した.病理学検査では,瘤壁に変性した心筋組織を認め,偽性仮性瘤と診断された.心筋梗塞後の偽性仮性瘤という稀な症例を経験した.パッチ閉鎖による左室形成術を行い,左室機能の改善を認め,良好な結果を得たので報告する.

A 77-year-old man sustained an inferior myocardial infarction. Four months later, echocardiography and left ventricular cineangiogram suggested the aneurysm communicated through a small orifice. At operation the inferiorly positioned aneurysm was not so adherent, and was opened directly. The small orifice was closed with a felt patch to cover the pericardium inside. Microscopic examination of the aneurysm wall showed myocardial tissue. We treated a rare case of pseudo-false aneurysm by left ventricular plasty, and the postoperative left ventricular function was satisfactory.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(10), 2333-2336, 2006-10-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018390944
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ