胸骨後胃管再建後の胃管壊死例における遊離空腸再建法の工夫 A NEW DEVICE OF JEJUNUM INTERPOSTION IN A CASE OF NECROSED GASTRIC TUBE AFTER RETROSTERNAL GASTRIC TUBE RECONSTRUCTION

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(10), 2388-2391, 2006-10-25 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018391106
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ