下行結腸, 直腸多発癌治癒切除術後早期吻合部再発の1例 A CASE OF ANASTOMOTIC RECURRENCE SOON AFTER CURATIVE SURGERY OF DESCENDING AND RECTAL CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は65歳,男性.2004年10月に下行結腸癌(低分化癌),直腸癌(高分化癌)の多発癌に対し,左半結腸切除術を施行した.術後3カ月より1日40回以上の頻便を訴えたため,下部消化管内視鏡検査を施行した.吻合部に低分化癌を認め,前回の下行結腸癌と同様の組織像を呈していたことより吻合部再発と診断した.原発巣手術から6カ月後に手術を行った.再発巣は骨盤内にびまん性に浸潤しており,小腸,仙骨前面,左尿管への直接浸潤を認めた.病巣は可及的に切除し,仙骨前面の残存腫瘍に対してはマイクロターゼ凝固療法を追加した,術後,骨盤内に放射線治療を行い,さらにFOLFILIによる化学療法を行ったが,奏効せず原発巣手術より9カ月後永眠した.今回の吻合部再発の機序として,腹膜微小転移の存在が疑われた.進行低分化腺癌といった腹膜播種再発ハイリスク症例の場合,術中腹腔内化学療法が必要かと考えられた.

The patient was a 65-year-old man who underwent a left hemi-colectomy for advanced descending colon and higher rectal carcinoma. After 3 months from the initial surgery, he complained of frequent bowel movement. Colon histology revealed anastomotic recurrence. Consequently, a histological diagnosis of poorly differentiated adenocarcinoma was made, and an operation with Microtaze coagulation therapy (MCT) was performed. The tumor diffusely invaded the small intestine, left ureter, and presacral space. Radiotherapy was applied to the pelvic region at a total dose of 60cGy. Chemotherapy with FOLFILI was administered for 1 cycle. However, the tumor continued to grow rapidly, and the patient died 9 months after the initial surgery. It is suggested that intraoperative peritoneal chemotherapy is necessary for high-risk patients with peritoneal dissemination.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(10), 2424-2426, 2006-10-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018391222
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ