噴門側胃切除後の難治性逆流性食道炎に対して下部食道残胃全摘を施行した1例 A CASE OF INTRACTABLE REFLUX ESOPHAGITIS POST PROXIMAL GASTRECTOMY FOR WHICH LOWER ESOPHAGECTOMY AND REMNANT GASTRECTOMY PROVED EFFECTIVE

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(9), 2057-2060, 2006-09-25

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018391728
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ