門脈内腫瘍栓をきたした胃癌の1例 A CASE OF GASTRIC CANCER WITH TUMOR THROMBUS IN THE PORTAL VEIN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は57歳,男性.平成16年11月ころより食欲低下出現.平成17年5月上部消化管内視鏡検査で胃弩隆部から胃体部大鷺側におよぶ15cm大の周堤を伴う2型病変を認め胃癌と診断された.腹部CT検査で主病変のほかに脾静脈から門脈にかけ腫瘤を認め,血栓または腫瘍栓が疑われた.同年6月胃全摘術,脾臓摘出術,横行結腸部分切除術,膵体尾部切除術を施行し,門脈本幹から脾静脈内に及ぶ腫瘍栓に対し,門脈を切開し腫瘍栓を摘出,門脈形成を行った.主腫瘍の病理組織診断はpoorly differentiated adenocar-cinoma (solidtype) INFβ, pT4 (SI), ly3, v3, pN2, sM0, sP0, pCY0, sH0, fStage IVであった.門脈および脾静脈内の腫瘍からも癌細胞が検出された.術後TS-1 (100mg/日)の内服を継続し,術後12カ月に至る現在まで再発,転移を認めていない.

We report a case of advanced gastric cancer with tumor thrombus in the portal vein. A 57-year-old man was admitted in May 2005 for gastric cancer. Gastrointestinal fiberscopy showed a type 2 tumor in the stomach. Computed tomography showed the tumor thrombus in the portal vein. We performed a total gastrectomy with combined resection of the pancreas body, spleen and partial transverse colon, a long with removal of the tumor thrombus. He underwent adjuvant chemotherapy with TS-1, and is doing well without any recurrence more than 12 months after surgery.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(9), 2066-2069, 2006-09-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018391754
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ