誤飲した義歯が原因となった急性虫垂炎の1例 A CASE OF ACUTE APPENDICITIS CAUSED BY AN INGESTED DENTURE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は49歳の男性. 1日前より右下腹痛を主訴に当院を受診し右下腹部に圧痛と腹膜刺激症状を認めた.腹部単純X線写真で右下腹部に金属異物を認め, CT上も虫垂の拡張とその内部に同様の異物を認めた.金属異物の原因として2カ月前に誤飲した義歯が疑われ,これによる急性虫垂炎の診断で緊急手術を施行した.虫垂根部は拡張して内部に義歯を認め一部穿孔しており虫垂切除術,腹腔内洗浄ドレナージを施行した.虫垂内異物の迷入による虫垂炎は非常に稀で,今回われわれは誤飲した義歯が原因となった急性虫垂炎を経験したので文献的考察を加え報告する.

A 49-year-old man presented in our hospital with right lower-quadrant pain, tenderness and peritoneal sign in the right lower quadrant. A simple abdominal X-ray examination revealed a metallic foreign body in the right lower abdomen, and CT scan showed the same foreign body in the expanded appendix. Acute appendicitis caused by a denture ingested two months earlier was suspected, and the patient underwent an emergency operation. A denture was observed to have perforated the expanded root of the appendix, necessitating appendectomy and intraabdominal lavage and drainage. Reports of foreign bodies in the appendicitis are very rare. We report here a case of acute appendicitis caused by an ingested denture with reference to the literature.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(9), 2105-2108, 2006-09-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018391855
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ