関節リウマチの環軸関節亜脱臼に対する Magerl & Brooks 法におけるC1/2角と頚椎アライメントとの相関 Relation between atlantoaxial (C1/2) and cervical alignment (C2-C7) angles with Magerl and Brooks techniques for atlantoaxial subluxation in rheumatoid arthritis

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association  

    日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 80(9), 572, 2006-09-25 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018392416
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193637
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215325
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ