アナログ記録心電図から Activation Recovery Interval Dispersion を計測するための基礎的検討 Measurement of activation recovery interval dispersion from the standard 12-lead paper electrocardiogram

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】心室再分極の不均一性指標であるactivation recovery interval (ARI) dispersionの計測には, 従来体表面電位図またはデジタル心電計が必要であった.本研究ではアナログ記録された心電図からのARI解析の可能性を検討した.【対象】複数の循環器専門医が正常と診断した40名のデジタル記録心電図 (D-ECG) を対象とした.QT解析ソフト (QTD-1) にて得たARIと, 同―心電図波形情報を記録紙に書き出したアナログ記録心電図 (A-ECG) をデジタル変換後に微分解析して得たARIを比較検討した.【結果】D-ECGとA-ECGから得られたARIは有意な関係を認め (R=0.951, P<0.0001) , ARI dispersionにおいても同様に有意な関係を認めた (R=0.889, P<0.0001) , 【結論】A-ECGからのARI解析の可能性が示唆された,

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology  

    心電図 = Electrocardiology 26(6), 825-831, 2006-11-25 

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018397166
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ