臨床由来 Mycobacterium avium における Variable Numbers of Tandem Repeats 型別解析法の有用性の検討 USEFULNESS OF VARIABLE NUMBERS OF TANDEM REPEATS TYPING IN CLINICAL STRAINS OF MYCOBACTERIUM AVIUM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森山 誠 MORIYAMA Makoto
    • 名城大学大学院薬学研究科 Meijo University Graduate School Pharmaceutical Sciences Postgraduate Course
    • 小川 賢二 OGAWA Kenji
    • 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院臨床研究部/呼吸器科 Department of Pulmonary Medicine, National Hospittal Organization (NHO) Higashinagoya National Hospital
    • 伊藤 哲也 ITO Tetsuya
    • 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院臨床検査科 Department of Pulmonary Medicine, National Hospittal Organization (NHO) Higashinagoya National Hospital
    • 八木 哲也 YAGI Tetsuya
    • 国立長寿医療センター病院呼吸器科 Department of Pulmonary Medicine, National Hospital for Geriatric Medicine
    • 中島 一光 NAKASHIMA Ikkou
    • 国立長寿医療センター病院呼吸器科 Department of Pulmonary Medicine, National Hospital for Geriatric Medicine
    • 中川 拓 NAKAGAWA Taku
    • 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院臨床研究部/呼吸器科 Department of Pulmonary Medicine, National Hospittal Organization (NHO) Higashinagoya National Hospital
    • 垂水 修 TARUMI Osamu
    • 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院臨床研究部/呼吸器科 Department of Pulmonary Medicine, National Hospittal Organization (NHO) Higashinagoya National Hospital

抄録

〔目的〕M.aviumに対するVNM型別解析法とIS<I>l</I>245-RFLP型別解析法の菌株鑑別能力比較,および治療による菌株のVNTRデータ変化を検討した。〔対象および方法〕患者喀痰から分離培養された<I>M.avium</I>24株をHGDIを用いて2種の方法における菌株鑑別能力比較を行った。また,1名の<I>M.avium</I>感染患者において,治療経過中に分離された菌株の変化をVNTR型別解析法により検討した。〔結果〕HGDIにより算定した菌株鑑別能力は,IS<I>l</I>245-RFLP型別解析法が0.866,VNTR型別解析法が0.975であり,VNTR型別解析法のほうが優れていた。治療経過を追って検討した症例では,分離した40コロニーを検討した結果,ポリクローナルなM.aviumが感染しており,治療時期によって検出されるクローンの割合が大きく変化していた。〔結論〕<I>M.avium</I>の鑑別にVNMを用いることは菌株鑑別能力と簡便性において大変有用であると考えられた。また,治療による変化については今後症例を集積することによりM.avinm憾染症の治療法に有用な情報が得られると考えられた。

[Objectives] We evaluated the usefulness of Variable Numbers of Tandem Repeats (VNTR) analysis, which was recently reported as a new typing method of <I>Mycobacterium avium</I> strains of animal origin, for strain differentiation of clinical isolates of <I>M. avium</I> in comparison with the standard IS<I>l</I>245-RFLP typing method. In addition, forty <I>M. avium</I> isolates recovered from sputum samples of same patient in different times were analyzed with VNTR typing method.<BR>[Sub jects and Methods] The subjects were twenty-four clinical isolates of M. avium stocked at Higashi Nagoya National Hospital and discriminatory power was evaluated with Hunter Gaston Discriminatory Index (HGDI). Furthermore, forty <I>M. avium</I> isolates recovered from sputum samples of one patient obtained at four different times were analyzed by using this VNTR typing method.<BR>[Results] VNTR typing sh owed better discriminatory power for twenty-four clinical isolates than IS<I>l</I>245-RFLP method (HGDI: 0. 975 vs 0. 866). In the second study, pol yclonal infection of four genotype strains with different allele profiles were detected. The ratio of mixture of the four different genotype strains varied during clinical course.<BR>[Conclusion] We considered tha t VNTR typing method was very useful for discriminatory examination of M. avium.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(9), 559-566, 2006-09-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018399529
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8095269
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ