血管障害と治療薬を結ぶ薬理ゲノミクス解析 Pharmacogenomics of cardiovascular pharmacology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

分子薬理学のパスウェイ解析は従来からの点と線の一次元ネットワーク(図1)から,最近になり薬理ゲノミクスのネットワーク解析(図2)が可能となり二次元ネットワークへとシフトしてきている.分子薬理学では,薬物と薬物受容体の分子間相互作用とそのシグナル伝達機構としての薬理パスウェイ解明を試みてきた.その中で薬物投与の適応症である疾患との相互作用こそが薬理作用そのものであり,薬理学の分野において解明すべき事柄であることから,ここに紹介する方法は非常に有用な実験補助手段となる.実例として循環器薬の作用機序におけるレニン・アンジオテンシン系阻害薬やHMG-CoA還元酵素阻害薬の薬理ゲノミクスネットワーク解析を試みた(図3).さらにネットワーク解析の将来展望についても触れた.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(3), 130-132, 2006-09-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018399748
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8080397
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ