二重管型懸濁気泡塔の壁面物質移動係数 Mass Transfer Coefficient on the Wall of a Double Tube Slurry Bubble Column

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平均粒子径26 μmのガラスビーズ–水系のスラリーを用いて,二重管型気泡塔の環状部外壁の物質移動係数を測定した.物質移動係数の測定は電極におけるK<sub>4</sub>[Fe(CN)<sub>6</sub>]–K<sub>3</sub>[Fe(CN)<sub>6</sub>]の酸化還元反応を利用して行った.固液系の物質移動は液単相の挙動と類似している.通気により物質移動係数はおよそ10倍となり,気液系および気液固系の物質移動は液またはスラリーの物性値とガスホールドアップで決まる.

Mass transfer coefficient at the annular outer wall of a double tube bubble column was experimentally measured using a slurry of fine glass beads with mean diameter 26 μm. Mass transfer coefficient was obtained by means of an electrochemical redox reaction system. Mass transfer behavior of the solid–liquid system is similar to that of a liquid single phase. Mass transfer coefficients were increased by approximately ten times by bubbling. Major factors affecting the mass transfer at the annular wall for the gas–liquid and the gas–liquid–solid systems are the gas holdup and the properties of liquid or slurry.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(6), 471-476, 2006-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018401786
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8581721
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ