組合せ最適化によるバッチ反応機生産スケジューリング Production Scheduling of Batch Reactors with Combinatorial Optimization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プラントの高い生産性を保つためには,適切な生産スケジューリングが不可欠である.プラントの生産計画は,顧客からの追加注文や注文の取り消しに合わせて繰り返したてなおされるので,必ずしも最適計画を求める必要はなく,実行可能計画で十分なことが多い.しかし生産スケジューリングを自動化するにあたって,解決すべき問題がある.まずスケジューリングの過程を定式化できなければならず,実用的な時間の範囲内で解を見つけなければならない.またシステム化の主な利点は生産スケジューリングのための労力を減らせることと,制約条件をみたす実行可能解を迅速に見つけられることであり,これまで生産スケジューリングに従事してきた熟練者でなくても計画が作成できることである.この問題を解くために,ここでは制約論理プログラミング(CLP)を使用した.このシステムは実プラントで使用して十分に実用性があることが明らかになった.

This paper presents a production scheduling system for batch reactors using Constraint Logic Programming (CLP). To keep the productivity of a plant high, it is necessary to make up a proper production plan. Because the re-scheduling is repeated frequently during the scheduling horizon, as customers change or cancel their orders, it is sufficient to organize an improved feasible plan instead of the optimal one. To computerize this process, various problems need to be solved. First, the scheduling process should be formulated. Computation should be fast, since the customer's demands arise suddenly and a quick response is needed. The main benefit of this system is to save man-power for scheduling and to realize better order fulfillment, such as keeping the deadlines of deliveries. Once computerized scheduling is introduced, the expert planner who engages in a current scheduling work of production without a computer will be released from this daily routine work, and also anyone in the plant will be able to make up an appropriate production plan of the same quality with this system. CLP is a useful tool to solve the combinatorial problem, which enables us to consider several difficult constraints easily. In this paper, the outline of this system is explained, then the result and the effectiveness of applying this system to batch reactors in a real plant are presented through an example.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(6), 500-506, 2006-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018401827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8581752
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ