構造色を変化させるエレクトロクロミックゲル Electrochromic Gels That Change Their Structural Colors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ある種の熱帯魚は,興奮すると体色を青,緑,赤と変化させる。これは,神経系の電気信号に誘起された構造色の変化である。すなわち,構造色を変化させるエレクトロクロミズムが生物では起こっている。本稿では構造色ゲルを用いることにより,エレクトロクロミックゲルが実現できることを示す。

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 55(12), 934-937, 2006-12-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018401949
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    8594813
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ