置換ポリアセチレンの高次構造と色彩制御 : カラムナー形成による黄色から黒色への変換 Higher-Order Structures and Color Control of Substituted Polyacetylenes : Reversible Transformation from the Yellow to the Black through the Columnar Formation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Rh錯体触媒を用いて合成したシス体の置換ポリアセチレンはラセン構造を有し,その幾何構造,ラセンピッチおよびそのラセン鎖が最密充填して形成されたカラムナーの量は,合成条件,圧力,溶媒蒸気処理によって可変であり,それとともにポリマーの色を黄色から黒色まで精密に制御できることを見いだしたので,そのメカニズムとともに紹介する。

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 55(12), 938-941, 2006-12-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018401964
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    8594827
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ