フォトクロミックスイッチングユニットによるπ共役高分子の光機能化 Photo Switching Effects in π-Conjugated Polymers Based on Photochromic Molecular Units

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

フォトクロミック分子のなかでもとくに近年,注目を集めているジアリールエテンなどのヘキサトリエン系分子はバルク固体状態においても高い光反応性を有することからポリマー材料化に適している。とくにπ共役ポリマーとの組合せではフォトクロミック反応により蛍光,光伝導,電気抵抗,整流特性など,π 共役ポリマーの有機半導体としての性質を可逆に光制御することができる。

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 55(12), 946-948, 2006-12-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018401988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    8594853
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ