直播てんさいの出芽率向上に関する研究(第1報) : 播種機鎮圧輪による出芽率向上技術 Study on Improving the Emergence of Direct Sowing Sugar Beets (Part 1) : Improving Emergence Rate by Press Roller Attached to Seeder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

てんさいの出芽率を85%以上に向上させるため, 播種機鎮圧輪の適正な鎮圧力や砕土の状態を現地農家試験と十勝農業試験場の低地土試験ほ場試験から求めた。黒ボク土では播種前の土塊径4.75mm以下の割合が60%以上, 播種後の深さ10~20cmのコーン指数が1.1MPa以上であれば, 出芽率85%を確保できた。低地土での試験結果から出芽率を目的変数とし, 深さ5~15cmの土層のコーン指数と土塊径4.75mm以下の割合を説明変数として重回帰分析を行った結果, 5%で有意な結果が得られた。これらの結果から, 土塊径4.75mm以下の割合が高く, 種子位置より深い層のコーン指数が高いことが出芽に良好な播種床といえる。

In order to ensure that the emergence rate of sugar beets is greater than 85%, the optimum pressure of the press roller attached to the Seeder and the pulverized ratio of the prepared soil were evaluated for several fields. In andosol fields, an 85% emergence rate was realized when the field showed 60% of less than 4.75-mm clod size distribution and soil at a depth of 10-20cm had a cone index higher than 1.1MPa.<br>Multiple regression analysis performed for soil from lowland fields showed that it had a highly significance among an emergence rate, a cone index of 5-15cm depth and a distribution rate of less than 4.75mm clod size. From these results, it is concluded that well-pulverized topsoil and well-compacted soil under the seeds ensure good emergence of sugar beets.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 68(6), 75-82, 2006-11-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018409950
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8573221
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ