直播てんさいの出芽率向上に関する研究(第2報) : 中層鎮圧による出芽率向上技術 Study on Improving the Emergence of Direct Sowing Sugar Beets (Part 2) : The Soil Compaction to Middle-layer for Increasing Emergence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

てんさいコーティング種子の出芽率85%を確保するためには砕土整地時の土塊径4.75mm以下の割合を60%以上とし, 播種機鎮圧輪の鎮圧力を強化する必要があることを第1報で明らかにした。本報では砕土整地前の工程で鎮圧を施し (中層鎮圧), 播種機鎮圧輪に10kgの錘を加えることで, 出芽率は85%まで増加した。中層鎮圧は, 深さ5~20cmの層のコーン指数を高めるとともに深さ1~11cmの層の液相率を増加させた。その結果, 慣行耕法に比べ, 出芽率が向上した。中層鎮圧と播種機鎮圧輪の加圧により土壌を緊密化することで砕土整地時に分断した毛細管が再生し, 中層から種子への毛管現象が促進したものと推測できる。

In the part 1 of this study, 60% of less than 4.75mm diameter clod size and high compressing force of the press roller attached to the seeder are required to achieve an 85% emergence rate. This study describes that the emergence rate can be increased to 85% by increasing the compaction of the middle-layer soil prior to rotary harrowing and by adding 10-kg weight on the press roller. The middle-layer soil compaction increases both the cone index of soil at a depth of 5-20cm, and the liquid-phase rate of soil at a depth of 1-11cm. The emergence rate obtained using this method was better than that obtained by conventional tillage. Although rotary harrowing damaged the capillary phenomenon between the middle and the seed layer, the high cone index achieved by middle-layer soil compaction and the soil reconsolidation achieved by the press roller were considered to replicate the phenomenon.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 68(6), 83-90, 2006-11-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018409960
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8573236
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ