水稲の群落葉色計測技術の開発(第1報) : 計測システムの開発と計測性能 Development of Canopy Green Measurement Technology for Paddy Rice (Part 1) : Measurement System and its Performance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大嶺 政朗 OMINE Masaaki
    • 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agricultural Research Center Hokuriku Research Center
    • 柴田 洋一 SHIBATA Yoichi
    • 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agricultural Research Center Hokuriku Research Center
    • 鳥山 和伸 [他] TORIYAMA Kazunobu
    • 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agricultural Research Center Hokuriku Research Center
    • 佐々木 良治 SASAKI Ryouji
    • 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agricultural Research Center Hokuriku Research Center
    • 帖佐 直 CHOSA Tadashi
    • 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agricultural Research Center Hokuriku Research Center
    • 安田 伸子 YASUDA Nobuko
    • 独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター北陸研究センター National Agricultural Research Center Hokuriku Research Center

抄録

水稲群落の生育状態を隔測する"群落葉色計測システム"を開発した。2波長 (550nm, 800nm) の分光反射特性を用いた改良型の群落葉色計と記録・分析用コンピュータで構成された本計測システムは, 一人で携帯し広範囲の群落葉色を約0.7s/計測で連続計測・記録できる。適正な計測条件は, 対象群落の手前約5m, 地上高約1.6m, 計測方向は順光, 照度は50,0001x以上である。また, 異なる施肥条件下での試験により, 群落葉色値はSPAD値や葉身窒素濃度, 葉身乾物重と高い相関関係 (r>0.93) があることを明らかにした。本システムは, 接触式葉緑素計に比べ測定能率が高く, 生育情報の隔測技術として有効である。

The "Canopy Green Measurement System" was developed for remote sensing of canopy spectrum. This system consists of a computer for logging data and analysis and an improvised Canopy Green Meter that uses two wavelengths (550 and 800nm), and can measure canopy green index at 0.7s intervals continuously over a wide area. One person can operate this system. The suitable measurement conditions are 5m distance, 1.6m height, brighter than 50, 000lx, and order light. The canopy green index is closely correlated (r>0.93) with the SPAD value, nitrogen content, and amount of dry matter, and can be used to evaluate the state of nitrogen nutrition. This system is more efficient than SPAD Chlorophyll meter and is a useful sensing technology for growth information.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 68(6), 101-108, 2006-11-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018409994
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8573352
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ