開発途上国における米の調製条件の最適化(第2報) : インペラ式籾すり機の脱ぷ特性および貯蔵時の品質変化 Studies on the Optimum Conditions for Rice Post-harvest Processes in Developing Countries (Part 2) : Husking Properties of Impeller Type Husker and Changes of Brown Rice Quality During Storage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東南アジアの開発途上国等におけるポストハーベストでは, 不適切な処理のために大量の穀物ロスに繋がっているものと思われる。前報では, 日本で通常に使用されるゴムロール式籾すり機について, 籾の乾燥条件が脱ぷ特性に与える影響について述べた。インペラ式籾すり機はゴムロール式に比べて脱ぷ率が安定し, メンテナンスが比較的容易である。そこで, 種々の乾燥および脱ぷ条件における玄米の品質を測定し, インペラ式籾すり機を導入することの是非を検討した。その結果, 脱ぷ率が安定していること, エネルギー効率が高いこと等の理由により当方式は開発途上国にとって有効であると判断された。

A large amount of grain loss frequently occurs in developing countries especially in South-east Asia due to inappropriate post-harvesting processes. In our previous report, the influence of the drying conditions on husking properties using the rubber roll type husker was mentioned. Compared with the rubber roll type, the impeller type husker has additional advantages such as stable husking rate and easy maintenance. Therefore, we considered the possibility of introducing the impeller type husker to developing countries. In this research, the correlation of drying and husking conditions with quality of brown rice were examined using the rubber roll and impeller type husker. The results showed that the impeller type husker is useful from the viewpoints of stability of husking rate and high power efficiency.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 68(6), 124-129, 2006-11-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018410033
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8573461
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ