組織ドプラ法による犬の左脚ブロックの2症例における両心室間非協調性の評価 Evaluation by Tissue Doppler Imaging of Interventricular Asynchronicity in Two Dogs with Left Bundle Branch Block

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小山 秀一 KOYAMA Hidekazu
    • 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医内科学教室 Veterinary Internal Medicine, Nippon Veterinary and Life Science University
    • 喜綿 和美 KIWATA Kazumi
    • 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医内科学教室 Veterinary Internal Medicine, Nippon Veterinary and Life Science University
    • 土肥 あずさ DOHI Azusa
    • 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医内科学教室 Veterinary Internal Medicine, Nippon Veterinary and Life Science University
    • 福島 隆治 FUKUSHIMA Ryuji
    • 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医内科学教室 Veterinary Internal Medicine, Nippon Veterinary and Life Science University
    • 廣瀬 昶 HIROSE Hisashi
    • 日本獣医生命科学大学獣医学部獣医内科学教室 Veterinary Internal Medicine, Nippon Veterinary and Life Science University

抄録

左脚ブロックは,刺激伝導障害であり,心疾患と関連してみられることが多い。ヒトにおいて,脚ブロックは左右心室間の収縮運動にずれ(非協調性)を生じ,心機能の低下に発展していくと推測されている<sup>1, 2)</sup>。我々は,左脚ブロックと診断された2頭のイヌにおいて,従来の心エコー法と組織ドプラ法(TDI法)による測定を行い,TDI法の有用性を検討した。従来の心エコー検査では,左右心室の前駆出時間(PEP)を測定した。TDI法による心室の収縮機能を測定するために,収縮期心筋運動速度のピーク値(Sm)と,左右心室の収縮運動の協調性を調べるために,QRS群の始まりからSmに達するまでの時間(Ts)を測定した。しかし,TDI法による測定値を考察するためのイヌにおける報告がなかったため,正常な心機能をもつ13頭のビーグル犬で同様の測定を行い,それぞれの値を比較した。左脚ブロックの症例において,左室壁,心室中隔壁のTs時間は,右室壁のそれに比較して,明らかに延長した。また,これらの値は,コントロール群と比較すると,明らかに長かった。また,左脚ブロックの症例の左室壁,心室中隔壁のSm値は,右室壁のそれに比較して,明らかに低い値を示し,またコントロール群と比較するとこれらの値は,明らかに低下していた。そして,左右心室壁のTs時間の差と,QRS持続時間の関係をみると,QRS持続時間が長いほど,左右心室壁のTs時間の差が大きくなっていることがわかった。この左右心室壁のTs時間の差とQRS持続時間との関係は,左右心室のPEPの差とQRS持続時間との関係と類似していることが確認された。以上より,左脚ブロックという伝導障害をもつ症例において,TDI法によるTs時間の測定は,左右心室の収縮運動の非協調性の評価に有用であり,またSm値の測定は,心室の運動性の評価に有用であると考えられた。そして,PEPのほか,TDI法によるTs時間を基にして,左右心室間の収縮運動のずれ,つまり非協調性をみることは,心電図検査による電気的な情報を得ることに加え,さらに病態の評価に有用であると思われた。

We examined two dogs with Left bundle branch block (LBBB) by conventional echocardiography and tissue Doppler imaging (TDI) to assess cardiac function and interventricular asynchronicity. Conventional echocardiography was used to measure aortic preejection period and pulmonary preejection period (PEP). TDI was performed to assess the long axis function of the ventricles using apical four chamber view. Regions of interest (ROIs) were in the basal segments of the left and right ventricle lateral walls and septal wall. Regional wall motion was assessed quantitatively as myocardial velocities and time intervals. To assess systolic function, peak sustained systolic velocity (Sm) and time from the onset of QRS complex to Sm (Ts) for interventricular synchronicity. In LBBB cases, Ts was markedly longer in basal left lateral segment and basal septal segment than in basal right lateral segment. And Ts of these segments in LBBB cases were also longer than those of the control group. Sm of basal left lateral segment and basal septal segment in LBBB cases were markedly lower than that of basal right lateral segment. And these values were markedly lower than those of the control group. The relationship of the Ts difference in left and right lateral segments with QRS duration was similar to the relationship of the difference in aortic and pulmonary PEPs with QRS duration. Therefore, TDI was considered useful to measure Ts for evaluating interventricular asynchronicity and to measure Sm for evaluating ventriclular motility in cases with conduction disturbance of LBBB.

収録刊行物

  • 動物の循環器 = Advances in animal cardiology  

    動物の循環器 = Advances in animal cardiology 39(2), 47-54, 2006-12-01 

    獣医循環器研究会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018414142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192925
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09106537
  • NDL 記事登録ID
    8770977
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1508
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ