心房内血栓症がみられた心筋症罹患猫の1例

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 堀 泰智 HORI Yasutomo
    • 北里大学獣医畜産学部小動物内科学研究室 Laboratory of Small Animal Medicine, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Kitasato University
    • 佐藤 真伍 SATO Shingo
    • 北里大学獣医畜産学部小動物内科学研究室 Laboratory of Small Animal Medicine, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Kitasato University
    • 島村 俊介 [他] SHIMAMURA Shunsuke
    • 北里大学獣医畜産学部小動物外科学研究室 Laboratory of Veterinary Surgery, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Kitasato University
    • 村上 寧 MURAKAMI Yasushi
    • 北里大学獣医畜産学部附属動物病院 Veterinary Teaching Hospital, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Kitasato University
    • 樋口 誠一 HIGUCHI Seiichi
    • 北里大学獣医畜産学部小動物内科学研究室 Laboratory of Small Animal Medicine, School of Veterinary Medicine and Animal Sciences, Kitasato University

抄録

アメリカン・ショートヘアーが突然の後躯麻痺を主訴に当院を受診した。胸部X線検査では心陰影の拡大,血液生化学検査ではCPKおよび LDHの著増がみられた。心エコー図検査では左心室内腔の拡張と左心室壁の菲薄化ならびに左室内径短縮率の低下が観察された。このことから拡張型心筋症を疑い内科療法を行ったが,第56病日には左心房内に高エコーマスがみられ血栓形成が疑われた。血栓塞栓症は猫の心筋症に併発することが広く知られており,本症例でも左房内血栓が心室拡張期に僧房弁口を閉塞し,左室の血液充満を障害したと考えられた。本症例は第57病日に死亡したが,病理検査を行うことはできなかった。肥大型心筋症の猫においても末期には遠心性肥大を起こすことが報告されおり,拡張型心筋症との鑑別が重要であると考えられた。

収録刊行物

  • 動物の循環器 = Advances in animal cardiology  

    動物の循環器 = Advances in animal cardiology 39(2), 70-74, 2006-12-01 

    獣医循環器研究会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018414193
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192925
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09106537
  • NDL 記事登録ID
    8771023
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1508
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ