不法投棄対策における土木技術の現状と展望 : 青森県境不法投棄事案の事例 Civil Engineering Technologies being Implemented in a Remediation Project for the Illegal Dumping Site at the Aomori Prefectural Border : Present State and Future Outlook

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青山 和史 AOYAMA Kazufumi
    • 鹿島建設(株)環境本部 廃棄物・水環境グループ Waste Disposal/Water and Sewage Plant Engineering Group, Environmental Engineering Division, Kajima Corporation

抄録

本稿では, 青森県境不法投棄事案における対策工事において活用されている土木技術についてその現状と展望を紹介する。<BR>鉛直遮水壁工事では, 廃棄物に起因する腐植酸の影響で工法を変更し, 廃棄物の封じ込めではまだ実績のない『CD工法+シートパイル』とし, 施工サイクルを確立した。選別工事では, 石灰混合による水分調整を行った後, 廃棄物の選別を行うとともに, 作業工程毎の廃棄物の単位体積量を把握した。また, 有害廃棄物を扱うことから, 通常の建設工事とは異なる安全環境対策を実施し, 作業員の健康と安全の確保, 周辺環境の保全を図っている。

This paper introduces the present state and future outlook of the civil engineering technologies being implemented in a remediation project for the illegal dumping site located at the Aomori prefectural border.<BR>In the construction of the vertical wall, the CD method+sheet pile was used. Although this technology has no previous record in this field, it was implemented because the conventional method could not be used due to the influence of humic acid from the waste. Sorting of the waste was done after drying by mixing caustic lime, and the weight-per-volume waste was measured at each stage. Taking into account the handling of toxic waste, an intensive care facility was developed to ensure the health and safety of workers, and protection of the surrounding environment was also carried out.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 18(2), 103-109, 2007-03-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018414844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8693539
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ