貿易自由化後における生鮮オレンジの産地別品質需要分析 : Armington モデルによる接近 Analysis of Quality Demand in Perishable Navel Oranges Distinguished by Producing Districts after Trade Liberalization in Japan : An Approach Using the Armington Model

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 開発学研究  

    開発学研究 17(3), 7-16, 2007-03-31 

    日本国際地域開発学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018416482
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358482
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09189432
  • NDL 記事登録ID
    8787118
  • NDL 雑誌分類
    ZR8(科学技術--農林水産--農産--農業経済学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3132
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ