スティックスリップ回避のための設計指針 A Guideline of Machinary Design for Preventing Stick-Slip

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中野 健 NAKANO Ken
    • 横浜国立大学大学院環境情報研究院 Graduate School of Environment and Information Sciences, Yokohama National University

抄録

The limitation of the occurrence of stick-slip vibration is explained which has been obtained analytically based on a 1-DOF system with Coulomb friction. The limitation is determined by two dimensionless parameters; one denotes the easiness for the occurrence of stick-slip vibration and the other is the damping ratio acting to suppress the vibration. A simple non-occurrence inequality of stick-slip vibration is proposed with two dimensionless parameters, which has both high accuracy and high usability.

収録刊行物

  • 日本ゴム協會誌  

    日本ゴム協會誌 80(4), 134-139, 2007-04-15 

    THE SOCIRETY OF RUBBER SCIENCE AND TECHNOLOGYY, JAPAN

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018416616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189720
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0029022X
  • NDL 記事登録ID
    8792494
  • NDL 雑誌分類
    ZP17(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業--ゴム・プラスチックス)
  • NDL 請求記号
    Z17-125
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ